ボトックスによる多汗症治療

多汗症の人は、運動や気温による体温調節のみではなく、精神的なストレスや緊張などが影響して大量に汗をかくことも多いでしょう。
通常よりもたくさんの汗をかいてしまいますし、手のひらや足のうら、ワキのした等が特に汗をかきやすい部分です。そんな多汗症の治療によく行われているのが、ボトックスでの治療です。

 

ボトックス治療は、わきの汗じみが酷い人や手汗が酷い人、緊張すると汗が止まらない人などに高い効果を発揮してくれるでしょう。
脇にボトックス注射を打てば、汗腺を開き難くして汗の量を減らすことが出来るでしょう。手術ではなく注射のみなので時間もかかりませんし、比較的簡単に治療を受けることが出来ます。
太目の針で注射を行いますが麻酔をして行うので痛みもありませんし、手術後は簡単日常生活を送ることが出来ます。ボトックスの効果は一生ではありません。だいたい半年程効果があるので、持続させる為に半年ごとに注射を受けた方が良いでしょう。
ボトックス注射を打つとハリの後が残りますが、一日二日程度で消えます。
注射を打った日からシャワーを浴びることはできますが、患部を擦らないようにしましょう。また、当日のサウナや飲酒は控えて下さい。これらの注意点を守れば危険性のほとんどない手術なので、多汗症でお悩みの方にお勧めです。

 

手汗 クリーム狙い目人気